物忘れ外来

物忘れ外来を受けると認知症の早期診断をすることができます。
あと何年かで認知症になるかどうかわかるので、少々怖いですけど・・・
認知症の時期やタイプがわかることはマイナスだけではありません。
早めに分かっていれば本人や家族が対策と心構えができる
認知症になってしまったからでは遅いのです。
デュアルタスク
歩く運動は運動の領域を活性化させることができます。
しりとりは言葉の領域を活性化させることに役立ちます。
同時に活性化させるところが認知症の予防には最適なんだそうですよ。
散歩をしながら景色を見るのも活性化には良いとのこと。
何も認知症を恐れてやるだけじゃなく、脳内活性化にもつながるので誰でも簡単に取り入れて悪いことはありませんね。