ここ最近は〇〇カフェと何かのキャラクター関連のカフェが多くなっているなぁと思います。
私の友達が嵌っているゲームのカフェも表参道とかおしゃれスポットにあるくらいですからね。
そんな大がかりなものでなくても、店舗内に出来るカフェなんかはアニメとかも多いみたいです。
キャラクターのカラーやイメージしたスイーツなどなど。
もらえるものは選ぶことが出来ずに、何度も注文するはめになるとか。
私は全く興味がないけど友達はチャレンジして散財しています。(笑)
豆しばカフェとやらは可愛いなとは思うけど、このてのものにありがちなのはとにかく高いこと。
ものすごい利益率でしょ?といいたくなります。
まあ、ファンの人も分かっていて行くのだからいいのかな…?

和むけど心配

大きな犬と赤ちゃんの投稿動画は見ているとなごみます。
猫のときもありますけど、赤ちゃんが体をつかんだりするのに嫌がってもそのまあにさせているとかすごく可愛いです。
やっぱり動物の性格にもよるんでしょうけれど、面倒を見てくれる子っているんですね。
我慢していてもうんざりしているんだろうなってのがこちらに伝わってくるときもあります。
微笑ましいことは微笑ましんですけど、飼い主さんは赤ちゃんと犬がそんなに近くにして怖くないんですかね?
もちろんはじめての接触じゃないだろうし、いつも一緒だからという安心感はあるでしょう。
でもちょっとしたはずみで大人にとっては大したことはなくても赤ちゃんにとっては大きなことになりそうで、一緒にして大丈夫だろうかという心配になります。

ポイ捨て禁止!

タバコは大嫌いなので吸っている人の近くにはよりたくないし、親しい人でタバコ好きな人が今のところいないのが幸いです。
マンホールの中に火のついたままのタバコを捨ててしまい炎が出たというニュースを見ました。
腕や腹などやけどしたのか包帯が巻かれていました。
どんな状況だったのかマスコミが取材をしていましたけど、この人は恥ずかしくないのかと疑問に思いました。
ポイ捨てですからね。
マンホールが網目のような穴があったから入ってしまったという主張なのか、いつもはやらないとか言ってたけどそんなの信じられな
いですよ。
常習的にポイ捨てしていたからそんなことになっちゃんじゃないですか?
自業自得だし顔は出していないけど恥ずかしい行いだと思い知るべきです。

好きなお肉の種類

好きなお肉の種類はなんですか~?
私は断然、鶏肉です。
高級の和牛とか食べたことは内ので一般庶民の私が食べられるお肉で言えば鶏肉ですよ。
でもからげとはあまり好きじゃないです。
一番好きなのは鶏ささみで~す。
でもあまりレパートリーがないんですよね。
そんな私でしたが、パサパサ防止の方法がありましたよ。
まずフライパンは冷たいうち鶏ささみ豆乳。
塩を小さじ2分の1、酒を大さじ2を入れて下味をつける。
それからゆっくりと沸かしたお湯を入れていきます。
ささ身が浸るぐらいで火をつけ、沸騰したら火を止めてアルミホイルでフタ。
冷めたら汁ごと保存するのがポイントです。
冷蔵庫で3~4日、冷凍庫なら2週間保存が可能だそうです。

危険な頭痛例

危険な頭痛例がありました。
我慢できないほどではないが、強めの頭痛がある人がいました。
左後頭部が脈がうっているのがわかるような頭痛でした。
風邪を引いたときの痛みと似ていると思い寝たが治らず、市販の頭痛薬を飲みました。
仕事もあったので一週間も我慢していたそうです。
長引く頭痛に病院に行き、MRIを撮ったところ発見できたのが脳動脈かい離です。
内膜に亀裂が生じて血液が脳の中に入る。
成人は10人に1人が脈かい離を起こしている形跡はあるのです。
片側だけの頭痛は片頭痛と間違えがちになるものです。
ゆっくり痛くなるではなく、はっきりとした痛みが徐々に痛みが増してきた場合は脳動脈かい離を疑うってただちに医師にかかりましょう。

マイタケの成分

食べようと思えば食べられますけどきのこ類は好きではありません。
味が濃かったり魚かお肉があればいいのですけどそれだけだときついですね。
マイタケにあるMXフラクションというのがあるそうなんです。
それがダイエット効果があるって聞くと食べたくなっちゃいますけどね。(笑)
マイタケの良い成分は水に溶けるそうなので茹でない方がいい食べ物ですね。
一日100グラムくらい食べるのがいいんだとか。
あまりたくさん食べると膨張するし下痢になってしまうことがわかっているのにダイエットのためと取りすぎになるとダメですね。
一週間くらいで落ち着くので自分で量の調節をするのがおすすめみたいです。
何事もきちんと量を確かめておかないと逆効果になりますね。

転職先を探す方法

まず転職をするためには、最初に新しい仕事を探さなくてはいけませんよね。
会社を辞めて転職活動を始めたけど、どうしようか迷ったときはなにはともあれ仕事探しです。でも、どうやって仕事を探したらいいんでしょうか?探し方も色々ありますので、迷ってしまいますよね。
転職する前にはまず新しい仕事の探し方もいくつか検討しておく必要があります。新しい仕事の探し方としてもっともメジャーなのが求人誌です。
アルバイト探しなどで求人誌のお世話になったという人も多いのではないでしょうか?求人誌といえば、アルバイト情報というイメージがつきまとってしまうかもしれません。しかし、よくよく目を凝らして見ると正社員や契約社員の求人も多々見かけます。また、求人誌はネットでも情報を掲載していることがあります。
最近はネット一本に絞って転職活動をする人も結構多いようですね。ネットは勤務地や業種をかなり絞り込んで探せるほか、マッチングサービスを利用できる場合もあります。
マッチングサービスはとても便利な機能で、自分にあった会社を簡単に見つけることも可能です。今は転職活動の主流と言えばネットですが、地元に精通した求人誌も情報源として有用です。
自分にあった探し方が色々あるかと思いますが、この2つを併用してみるのがいいのではないでしょうか?例えばですが国内だけに限らずハワイなどの海外の求人でも対応してくれますので。

知り合いが薬剤師になりました

人生は綱渡りだと豪語していたワタシの知り合いでしたが、結婚をきっかけに性格というか考え方が丸っきり変わってしまいました。

あんなにも若い頃はコチラがヒヤヒヤするような生き方をしていたのに、今では薬剤師として毎日を頑張っています。

たかが結婚ひとつで、破天荒だった知り合いが安定思考になってしまうなんて最初は正直ありえないと思っていたワタシ。

スグに昔の性格に戻ってしまうだろうと予想していたにも関わらず、知り合いは全く薬剤師という仕事から離れようとはしませんでした。

人間は簡単には変われないと思い込んでいたワタシですが、薬剤師になった知り合いを目の当たりにしてからというもの、もしかしたら自分もキチンとした人間に生まれ変われるかも知れないと思うようになっていきました。

でも、まだまだワタシは遊び足りません。

そりゃあ結婚を真剣に考えたくなるような恋人の存在があればワタシだって頑張って自分を変えたくなるかも知れませんが、今のところは今のままの自分が良いです。

しかしながら、若い頃に仲間内で破天荒過ぎるキャラで有名だったオトコが真面目な薬剤師になるなんて本当に今でもこの現実を素直に受け止められません。

勉強が嫌いで、いつも授業を妨害していたようなオトコが薬剤師になる為に必死で勉強を続けた事に関しては高く評価しますが、幸せな家庭を築いた彼を祝福する気分にはどうしてもなれないワタシがいます。

どんだけ小さいオトコなんだよ!と思われるかも知れませんが、アイツとワタシの関係はかなり長いので、文章だけでは伝えきれない部分は確実にあります。

ただ、いくらジェラシーみたいなモノがあったとしても仲間の幸せを喜んであげられない時点でワタシはダメンズなのかも知れません。

薬剤師になるために努力し、奥さんを大切にしている仲間をもっと温かい眼差しで見ていくよう今後は考え方を変えていきたいと思います。

不思議なこと

島根県庁で不思議なことが起きていたそうです。
職員の人が朝、出勤すると時計が止まっていたのです。
それも250台もすべて午前1時35分をさして止まっているなんて怖いですよね。
停電や落雷の可能性があるが停電も落雷の記録もないということがわかっています。
250台の時計が一斉にの謎はそれらに親機があるからだと考えられました。
親機が止まるとみんな止まるからです。
しかし!なんと親機だけは正常に動いていたそうです。
20年以上前から導入されたこのシステムでこんなことはありませんでした。
一度止まったけれど親機だけまた動き出したんですかね?
何故止まってしまったのかわからないのは気持ちが悪いですね。
そしてそれらを正確な時刻になおすのは250台もあったら大変だったでしょうね。

つまらないCM

先日友人とテレビを見ていて、とあるCMが映ったんです。
「このCM、意味わかんないよね?」と何気なく言ったら、
なんと友人が「これ、ウチの会社が作ったんだよね~ww」と!!ビックリしてとにかく平謝りです(苦笑)
友人が直接手掛けたわけではなく、「私もおもしろくないと思う」と言っていたので一安心です…。
友人は元薬剤師仲間ですが、薬剤師→資格を活かしてMR→医療系に強い広告代理店に転職
というちょっと変わった経歴を持っています。バリバリのキャリアウーマンってやつです。
薬剤師の世界は狭いので、他の職業について聞く機会があまりありません。
彼女と会うと、質問攻めにしてしまいます(笑)
私たち薬剤師が扱う添付文書などは、彼女が所属するような会社が作っているわけです。
ほかにもドクターや患者さんが目にするパンフ、医療系の雑誌なども扱っているんですね。
どうやって仕事を探したかというと、求人サイトから自分で応募しても全然内定がでなくて、
人材紹介会社を併用し、1年位かけて希望の会社に入ることができたんだそうです。
広告代理店などマスコミ系の求人を探しているなら、コチラのサイトで情報を集めるのが良いそうでうすよ。
異業種への転職もあきらめちゃだめ!諦めたらそこで試合終了ですよ(笑)