未年の漢字

今年は未年ですね。
なんで羊ではなく未の漢字を使うのか?というのをテレビでやっていましたよ。
十二支は植物の状態を表しています。
未は「種子」種はできたけどまだ成熟していない=未熟
ひとつひとつ動物をあてはめたそうです。
何年前から羊と人間と暮らしていたのか?
約1万年前!牛は9000年前と言われています。
日本では肉と言えば牛肉ですが、世界では肉と言うと羊を思い浮かべる国が多いのです。
養う→羊を食べれば養う
美→羊が大きいのは美しい
など羊と漢字はおもしろいですね。
羊羹はひつじだらけの漢字です。
羹 はアツモノ [あつものと書いて羹]
遣唐使が持ち帰ってきたが当時の日本は肉が禁止
肉にかえて小豆をいれていた、それが羊羹のはじまりだそうですよ!

どちらもルールを守る

自転車で首都高逆走して20代の男性が死亡する事故のニュースがありました。
東京都青梅市新町の圏央道、フェンスに足跡があり飛び降りて車に轢かれて死亡した20代の女性のニュースもありました。
13メートルの陸橋から飛び降りるってなんなんでしょうね。
いずれも自動車が彼等を轢いています。
逆走した男性ももちろん、飛び降りた女性は自殺でしょうが、自動車を運転していた人にとっては大迷惑ですよ。
車と歩行者の接触事故は詳細がわからなければどちらが悪いのかわかりません。
どんなに歩行者が常識はずれなことをしても、事故が起きれば車の方が加害者です。
無謀な運転をする人ももちろんいますがその逆もあるわけです。
どちらもルールを守る、これが大切です。

免疫力の低下?

頭に掻き傷が出来るのは子供のころから変わらないのですが、大き目の傷が出来ることはあまりありません。
それも数日前からでかさぶたになってはがれることもありません。
体が弱ってきている、免疫力の低下か?風邪をひく前兆か?
そんなことを休憩時間中にぼやいていたら、一緒に働いている薬剤師(完全なアラフォー)さんから
「それは歳をとったからでしょ」と言われてしまいました!
私の推理である免疫力の低下はあながちウソではありませんでした。
ただしそれは一時的に体が弱っているというものでしたが、指摘されたように私の歳が関係しているんだと気が付きました。
いつまでも若いつもりではいないと思っていたけど驚愕の事実ですよ。(笑)

親知らずに悩んでいたので看護師さんに相談

人生で1度も親知らずを抜いたことがないボクは、いつか親知らずを抜かなければいけない不安の中にいました。

そんな不安を看護師さんに相談したボク。

するとシッカリしていて精神的にも強い看護師さんは優しく笑いながらボクを励ましてくれました。

(肩コリや頭痛の原因にもなるから気になるなら親知らずは早めに抜いておいたほうがいいわよ)

そうアドバイスをしてくれた看護師さん。

あまりにも的確でシッカリしまくっていた看護師さんの言葉にボクは感動してしまいました。

しかし、やっぱり怖いモノは怖いのです。

親知らずを抜いているうちに死んだらどうしようという不安は常にボクの心の中にありました。

人によっては、なんてバカバカしい考えをしているんだ?と笑われる方がいるかも知れません。

だけどボクは真剣に悩んでいました。

悩んでいたからこそ恥を覚悟で看護師さんに相談したのです。

みなさんは親知らずを抜いたことがありますか?

ボクは親知らずといえば長渕剛さんの歌しか思い浮かびません。

インターネットで親知らずについて検索をかけると、めちゃくちゃ怖いエピソードばかり出てくるので本当に心の底からビビッています。

どうしたら確実に安全で、不安にならない歯医者さんを発見することが出来るのでしょうか?

やっぱり大きな病院で診て貰ったほうが良いのか、とても悩みまくっている今日この頃。

相談させていただいた看護師さんは、過去に二本の親知らずを抜いたみたいですが、あまり怖くなかったとおっしゃっていました。

きっと看護師さんはボクとは違い、めちゃくちゃメンタルが強いから怖くなかったのだと思います。

それに女性は男性に比べ、痛みに強い生き物ですからね。

ボクはなかなか親知らずを受け止めきれません。

[PR]http://www.nurse-blood.net
血液センターの看護師求人がここに集まっています!転職したい看護師さんも集まれ!!!

物忘れ外来

物忘れ外来を受けると認知症の早期診断をすることができます。
あと何年かで認知症になるかどうかわかるので、少々怖いですけど・・・
認知症の時期やタイプがわかることはマイナスだけではありません。
早めに分かっていれば本人や家族が対策と心構えができる
認知症になってしまったからでは遅いのです。
デュアルタスク
歩く運動は運動の領域を活性化させることができます。
しりとりは言葉の領域を活性化させることに役立ちます。
同時に活性化させるところが認知症の予防には最適なんだそうですよ。
散歩をしながら景色を見るのも活性化には良いとのこと。
何も認知症を恐れてやるだけじゃなく、脳内活性化にもつながるので誰でも簡単に取り入れて悪いことはありませんね。

この話題を避けることはできません

ボランティア薬剤師とブログに銘打っているからにはこの話題を避けることはできません。
韓国で行われているアジア大会の話しです。
なんでも前回行われたアジア大会(中国)よりも6分の1しか費用をかけていないらしいです。
選手の送り迎えも忘れたり、酷い食事ないようだったり、部屋は空調がきかないとかなどなど。
今時、部屋の空調がきかないなんてどこの小国なんでしょうかね。
これが真夏や真冬だったらどうするんでしょう。
食事も漬物ばかりとか、更衣室もないとか不手際がわんさかでてきます。
そしてボランティアに配られた食事からサルモネラ菌が検出。
選手のみなさんじゃなくて良かったなんて言えません。
ボランティアの方々は劣悪な環境で離脱する人がたくさんいる、これが全てでしょうね。

薬剤師の迷い

それなりに仕事は楽しいんだけどなんか物足りないっていうかこのままでいいのかなって考え始めたのが27歳の年。
この間ちょうどみんなで飲む機会があってそういうこと考えることない?なんてみんなに聞いたら薬剤師の友達はすごくあるっていってた。
薬剤師は再就職とかも簡単にできるからまあ就職に困ることはないとは思いますね。
今は調剤薬局に勤めてるんだけどドラッグストアに行こうか迷ってるんだって。
もともと薬剤師の勉強しながらコンビニでバイトしていてそういう仕事がけっこう好きだったらしい。棚卸とかそういうの大好きだって。
だからドラッグストアに勤めれば薬剤師の資格も生かせるし、そのコンビニでバイトしていた経験も生かせるからいいかもって。
でもねー正直ドラッグストアって大変なイメージもあるから大丈夫かなっていう気持ちもあって迷ってるって言ってた。
そうだよねー薬剤師の資格持ってるとそういう選択肢があるっていうこと知らなかったんだけどわたしもそれは迷うよねっていう話しをしてたんだ。
ずっと同じところにいるのもありだけど、転職するなら20代のうちに転職したほうがいいかなって・・・・。
だから薬剤師の子が考えてるのはすごくよくわかるもん。
はあ、今度また飲もうっていう話しはしてた。
こういう話しできる友達がいてよかったってみんなで言ってたの。

手根管症候群

手根管症候群セルフチェック

神経伝導速度検査というのが病院で
親指とてのひらの二か所に微弱の電気を送る
電気が通るスピードで調べることが出来る。
電気を通すのでビリビリとして痛い検査になります。
正確な診断は病院でしてもらいましょう。

自宅で10秒で出来るセルフチェック
両手の甲を合わせる
そのまま体に近づけて手首を90度のまま10秒間
親指から薬指が痺れたり、手が離れてしまう人は手根管症候群の可能性があります。
注意点
手のしびれに大してよくやりがちなこと
関係ないところをもむのは良いが、手首をもむと押すことで神経を圧迫する。
手根管症候群については NG行為
手首を固定して動かさないようにする
早めに治療すれば治るので手のしびれが一週間以上する場合は受診する

ここ最近は〇〇カフェと何かのキャラクター関連のカフェが多くなっているなぁと思います。
私の友達が嵌っているゲームのカフェも表参道とかおしゃれスポットにあるくらいですからね。
そんな大がかりなものでなくても、店舗内に出来るカフェなんかはアニメとかも多いみたいです。
キャラクターのカラーやイメージしたスイーツなどなど。
もらえるものは選ぶことが出来ずに、何度も注文するはめになるとか。
私は全く興味がないけど友達はチャレンジして散財しています。(笑)
豆しばカフェとやらは可愛いなとは思うけど、このてのものにありがちなのはとにかく高いこと。
ものすごい利益率でしょ?といいたくなります。
まあ、ファンの人も分かっていて行くのだからいいのかな…?

和むけど心配

大きな犬と赤ちゃんの投稿動画は見ているとなごみます。
猫のときもありますけど、赤ちゃんが体をつかんだりするのに嫌がってもそのまあにさせているとかすごく可愛いです。
やっぱり動物の性格にもよるんでしょうけれど、面倒を見てくれる子っているんですね。
我慢していてもうんざりしているんだろうなってのがこちらに伝わってくるときもあります。
微笑ましいことは微笑ましんですけど、飼い主さんは赤ちゃんと犬がそんなに近くにして怖くないんですかね?
もちろんはじめての接触じゃないだろうし、いつも一緒だからという安心感はあるでしょう。
でもちょっとしたはずみで大人にとっては大したことはなくても赤ちゃんにとっては大きなことになりそうで、一緒にして大丈夫だろうかという心配になります。